学校教育目標

☆学校教育目標
  •   広い視野に立ち、自ら学ぶ意欲と実践力を養う。  (学)                         
  •   心身の練磨に努め、豊かな個性と情操を育てる。   (鍛)                         
  •   節度ある態度を身につけ、敬愛と協調の精神を培う。 (敬)                         
☆重 点 目 標
 
 「知」「徳」「体」のバランスのとれた生徒を育成するために 
 (1) 思考力や創造性を育て、個々の能力の開発に努める。
 (2) 共感的理解に努め、自律心や敬愛の心を育てる。
 (3) 進路目標を確立させ、たゆまず努力する姿勢を育てる。
 (4) 学習環境の整備に努め、健康で安全な生活習慣の確立を図る。

☆経 営 方 針
 
 (1) 生徒一人一人を大切にし、可能性を伸ばす教育活動の推進に努める。
 (2) 生徒の学習意欲の向上を目指し、授業内容と指導方法の研修に努める。
 (3) 教職員相互の連携を密にし、協働体制を確立して、学校課題の解決に努める。
 (4) 保護者や地域との連携を深め、信頼される学校づくりに努める。

☆教育課程編成の方針
 
 (1) 生徒の実態に応じ、個性や能力を伸ばす教育課程の編成に努める。
 (2) 体験学習、国際理解教育や環境教育を推進し、豊かな人間性の育成に努める。
 (3) 学力向上や進路実現を図るため、多様な選択教科・科目の編成に努める。

☆指導上の重点事項

【学 習 指 導】
 (1) 基礎学力の向上を図り、個性や創造力を伸ばす指導に努める。
 (2) 指導方法の工夫・改善を図り、評価の適正化に努める。
 (3) 生徒が主体的に学習に取り組む態度を養い、学習習慣の確立に努める。

【生 徒 指 導】
 (1) 基本的生活習慣の確立を図り、自律心の育成に努める。
 (2) 生徒理解を深め指導の充実を図るため、保護者や地域との積極的な連携に努める。
 (3) 生徒会活動や部活動を通じて達成感や充実感、感動を与える指導に努める。

【進 路 指 導】
 (1) 正しい自己理解に努め、自ら進路設計に取り組む態度を育てる。
 (2) 学年・教科・分掌との連携を図り、共通理解のもと、キャリア教育の充実に努める。
 (3) 保護者や関係機関との連携を深め、適切な情報収集に努め、自己実現を図る。

【健康・安全指導】
 (1) 校舎内外の美化と施設設備の保全に努め、清潔で安全な環境づくりを目指す。
 (2) 生命の大切さを認識させ、心身の健康の保持増進に努める態度を育てる。
 (3) 非常災害時の防災教育を徹底し、安全に対する意識の高揚を図る。
 

フォトアルバム

お願い

◆生徒の送迎について
 登下校の時間帯は、学校前の
 道路や正門付近がたいへん混
 み合います。
 また、本校の近くには、ほん
 ちょう保育園もありますので
 
登下校時の自家用車での送迎
 時には次に従ってくださいま
 すようお願いいたします。
 →送迎注意.pdf

◆卒業生・保護者のみなさまへ
 進学や就職で住居を移す場合
 は、住民票の異動もお願いし
 ます。→
総務省のページ